名古屋のディープスポット・今池でウワサのお店巡り!(後編)『デラメチャ気になる!』

はるな愛と村上佳菜子が東海地方の話題のスポットに出かけ、“気になる”を調査しながら街歩きする番組『デラメチャ気になる!』。8月15日の放送では大人の雰囲気が漂う名古屋のディープタウン『今池』でウワサのお店を巡りました。

【激安でイリュージョンな着物店!スゴ腕女将のコーディネート術!】【元気でカッコイイ!今池の音楽スターが営む老舗弁当店!】のデラメチャ気になるウワサは前編にて![前編はこちら]

『デラメチャ気になる!』動画を見る


1日20人しか入れてくれないパティシエがオススメ!夏に食べられる夏イチゴパフェって!?

今池3つ目のウワサは「一日20人しか入れてくれないパティシエがいるらしい」。ネット上ででも「隠れ家のような店!」「週末は予約が取りにくい」とデラメチャ気になる情報がたくさんありました。はるなと村上が検証しに向かった先は、住宅街の一角。しかしとてもお店があるような雰囲気には思えません。しばらく周辺を歩いていると、スタッフから「ここです」と声をかけられます。


到着したのは、住宅街にひっそりと佇む『茶房行山』。お店だと知らなければ通り過ぎてしまいそうな佇まいです。その理由はこのお店がもともと一軒家だったということ。パティシエでもある店主の棚橋克行さんがこの一軒家の一階を間借りして昨年一月にオープンさせました。ちなみに大家さんは今でも二階で暮らしているそうです。


まるで豪華なお家にお邪魔している感じ。大家さんが持っていた調度品を店内に配置し、和モダンで素敵な雰囲気の空間となっています。


和の香りが漂う『茶房行山』ですが、実はパフェの専門店。もともと日進市にある洋菓子店のオーナーパティシエとして27年間ケーキを作ってきた棚橋さんが、弟子が育った今だから自分のやりたいことがしたいと再出発して始められたんだそうです。そんなお店のこだわりは、パフェの主役であるフルーツ。農園と直接やりとりをして仕入れたフルーツをおいしい時期においしい状態で食べてもらいたいという思いでパフェの形で提供しています。


今月提供しているのは何と『イチゴのパフェ』。冬のイメージがあるイチゴですが、今使っているのは夏に旬を迎える『彩夏』という品種のイチゴ。東海地方ではおそらく『茶房行山』でしか食べられないというとっても貴重なイチゴなんです。


奇跡の甘さと称される稀少な「彩夏」は、棚橋さんが農園に何度も足を運んでようやく取り引きしてもらったもの。そんな貴重なイチゴが棚橋さんの手にかかると……。


美しく輝く素敵なパフェに!! 早速二人そろって試食させていただきます。


「おいしい!イチゴの味が濃い!」と大絶賛!酸味と甘みのバランスがちょうど良くて、クリームもイチゴの美味しさを引き立たせています。ジュレやジェラートにもイチゴを使った、まさにイチゴづくしの贅沢なパフェです。東京のデパートで買うと20個でおよそ2500円もする高級イチゴ『彩夏』がふんだんに使われたイチゴのパフェのお値段は、なんと2000円!思わずはるなが「やっていけるんですか?」と聞いてしまいますが、棚橋さんは「利益は二の次。フルーツの美味しさを知ってもらいたい」とサラリ。


こだわりの素材で最高のおもてなしをするため、一日20人が限界という『茶房行山』。その噂が口コミで広がり、今では県外から来る人も増えているそうです。行ってみたいという方は、ぜひお早めにご予約下さい。

メニューが150種類以上もある焼き鳥店でスペシャルゲスト登場!

最後に検証する今池のウワサ「メニュー150種類以上の焼き鳥屋さんがあるらしい」。ネットでも「メニューは多いしどれも絶品!」「今池のせんべろの聖地」との声が上がる焼き鳥屋さんがあるそうです。ウワサを検証しにいざ出発……の前に、ここでスペシャルゲストが合流です。


スペシャルゲストは毎週土曜日に放送している『お宝ちゃん』の司会を務める金子貴俊。金子と合流した三人は、さっそくウワサのお店『やきとり きも善』へと向かいます。


昭和35年創業、今池のサラリーマンや学生、文化人などに愛され続けている『やきとり きも善』。炭火で焼く焼き鳥はどれも絶品で、2本で250円からとどのメニューも安くてうまい、いわゆる『せんべろ』のお店です。



ウワサの『150種類以上のメニュー』、壁にズラッと貼られていました。


こんなにもメニューが増えた理由は、店主さんの心意気から。単身のサラリーマンなど毎日来る人が多く、みんなあれが食べたいこれが食べたいというリクエストを聞いて作ってくうちにメニューが増えていったそうです。一見コワモテな店主さんですが、優しくて器が大きい……!バリエーション豊かなメニューの中で、一番人気がきも善オリジナルの「遮断機」。


レバー、モツ、心臓、砂肝と4本分の焼き鳥にネギと卵黄が入ったパワフルな一品です。こちらも30年前にお客さんのリクエストで誕生した遮断機、残念ながら名前の由来は不明とのことでした。ピリッとスパイシーなお味に、夏バテ気味で落ちていた食欲もモリモリです。そして、このきも善にはもう一つのウワサが。どうやら「ご主人が『マグナム今池』と呼ばれているらしい」とのことなのですが、いったいどういう事なのでしょうか?その真相は、店主の田中兼二さんの口から明かされました。


そう、店主さんはなんと現役のレスラー!10年前にプロレス団体を結成。お祭りやイベントで試合を行い、今池を盛り上げています。


覆面をかぶったレスラーの姿も素敵! 代表して金子が技をかけてもらいますが……。


大技炸裂!! 豪快に技が決まりました! ディープスポット今池には、今池を愛する人たちがたくさん集まっていました。

取材先

茶房行山

住所:〒464-0850 名古屋市千種区今池3-28-1
お問い合わせ:070-4471-3668
料金:季節のパフェ(夏イチゴ「彩夏」のパフェ)・・・2,200円 ※8月限定 ブルーベリーパフェ(稲武産)・・・1870円   
コメント:パフェ専門店。こだわりの素材で最高のおもてなしをするため、一日20人が限定。

やきとり きも善

住所:〒464-0850 名古屋市千種区今池1-14-1
お問い合わせ:052-733-5868
料金:串焼き(2本)・・・250円~ 串焼きの盛り合わせ(5本)・・・660円  琉球(マグロの白醤油和え)・・・550円 遮断機・・・600円
コメント:昭和35年創業。150以上のメニューがある。メニューの中には、お客さんのリクエストで誕生した「遮断機」。レバー、モツ、心臓、砂肝が入った逸品が一番人気。

『デラメチャ気になる!』

はるな愛と村上佳菜子が東海地方の話題のスポットに出かけ、“気になる”を調査しながらぶらり街歩きする番組。Locipoでは過去の放送も配信しています。
【放送局】テレビ愛知 毎週日曜日 午後2時30分放送
【番組HP】https://tv-aichi.co.jp/deramecha/
【配信】Locipo YouTube ​
※記事の内容は放送当時のものです。

デラメチャ気になる

デラメチャ気になる!

街で見かける気になる看板―、気になる暖簾―、気になる行列―、そんな気になるを解き明かしながら「はるな愛」と「村上佳菜子」がぶらり街歩き。

動画を見る!