愛知・扶桑町で発見!極旨チャーシューめん&グルメ通をうならせる絶品クロワッサン!『なりゆきアフロ』

CBCテレビ(東海エリア)で夕方放送の報道情報番組【チャント!】。
金曜日の人気コーナー、アフロヘアーがトレードマークの副島淳くんがリポートする『なりゆきアフロ』は、東海地方の125市町村を巡り、そこで出会った人に「町のおいしいもの」を聞き、その場所へ行って味わう“なりゆきグルメ旅”です。
さて今回は、岐阜県各務原市と隣接する『愛知県扶桑町(ふそうちょう)』を旅しました。

オススメは人気店の“クロワッサン”


町で出会った子育て真っ最中のママさんに扶桑町のおいしいものを聞いたところ『ブーランジェリープーブーというパン屋さんのクロワッサン』がオススメとのこと。
ポイントは「サクサク」の歯応えだとか。
早速、そのパン屋さんに向かい、取材はOK! お目当てのクロワッサンはあるのか聞いてみると、ラスト1個のクロワッサンを発見。副島くんは「危なーい、ギリセーフ」とパンをトレーにとって、いただくことに。


おじゃました【Boulangerie Pour Vous(ブーランジェリープーブー)】は、15年ほど前にオープンした人気のパン屋さん。店名はフランス語で、ブーランジェリーが「パン屋」。プーブーは「あなたのために」という意味なのだとか。


オススメの『クロワッサン』(194円)は、60種類以上あるパンの中でも特に人気。


味わった副島くんは「ヤバイ!うまい!マジでサックサク。バターのコク、甘み、絶妙!」とたたみかけました。
オーナーに扶桑町はどんな町か?を聞いてみると、名古屋にも出やすくて「グルメな人も多いかな」という印象を持っているとか。副島くんは「それを(食通を)うならせてるパンですよ」と、おいしさを称えたのでした。

チャーシューが絶品!オススメの食べ方はオン・ザ・ライス


再び町を歩き、建築現場で休憩中のお兄さん方に扶桑町のおいしいものを聞いたところ『“しなき”というラーメン店のチャーシューめん』がオススメとのこと。


チャーシューが絶品で「ご飯の上にのせて食べる」のが好みという通な食べ方も聞いて、そのお店【しなき】※へ向かいます。そして、副島くんいわく、寡黙そうなご主人に取材のOKをいただき、オススメしてくれたお兄さんと同様にライスも注文しました。
※しなきの「き」は七を三つ書く「よろこ(ぶ)」という漢字


運ばれてきた、分厚め3枚の『チャーシューめん』(760円)と『小ライス』(180円)。「普通はスープとか麺からいくんですけど…」と一言添え、


まずはチャーシューのオン・ザ・ライスから。


「肉厚でトロットロ。肉のうまみがブワッとくる」とチャーシューを味わい、ご飯もかき込みます。
そして、ラーメンもいただくと、ご主人が25年余り守ってきた昔ながらのオーソドックスなしょう油味のおいしさを実感します。
話題はご主人と奥様のなれそめ話となり、寡黙そうに見えたご主人が意外に積極的だったことが分かり、テンションが上がった副島くんなのでした。

オススメはイタリアンカフェの“タルト”


続いて副島くんは、扶桑駅から出てきた女性においしいものを聞いてみました。すると『カフェくるりのタルト』がオススメとのこと。
テイクアウトをしようと、これから行くところだったというこの女性に案内していただきました。取材交渉も協力していただき、大歓迎を受けた副島くん。


おじゃました【ごはんとおやつ くるり】は、2年前にオープンしたイタリアンカフェ。シェフのご主人とパティシエの奥様で営み、見た目にも華やかなボリュームたっぷりのランチも評判のお店です。


今回オススメの季節のタルトは、農家さんから直接仕入れた甘い完熟イチゴがたっぷりのったタルト。この『いちごのタルト』(500円)を味わう副島くん。


何度かうなずいて「うまい! フレッシュな甘さと、生地がやっぱいいですね。下がサックサクで、ちょっとしっとりして」と納得のおいしさだったよう。


元々、一緒の職場で働いていたお二人。結婚して、お店も持った若いご夫婦にパワーをもらった副島くんなのでした。

オリジナルサイトで読む

なりゆきアフロ

アフロヘアーがトレードマークの副島くん。出会った人に「この街のおいしいもの教えてください」と聞き、 その場所へ行って頂く、なりゆきぶっつけグルメ旅!東海地方125市町村を巡ります。

動画を見る!