パエリアにノートまで!?名古屋市西区で個性豊かな“専門店”巡り!『ぐっさん家』

”ぐっさん”こと山口智充さんの名古屋暮らしや自由な一人旅を通して、素のぐっさんを垣間見る生活バラエティ「ぐっさん家」(東海テレビ 毎週土曜夕方6時30分~放送)

今回(2021年4月24日放送)は「ぐっさん!西区専門店を巡る旅!」。
名古屋市西区にある専門店を巡るJeep旅!ひとつのモノに特化した専門店ならではこだわりを、ぐっさんの目線で大満喫!個性あふれる専門店の魅力をお届けします。


スペイン料理のパエリアをフレンチにアレンジ!パエリア専門店『グルマンプラス』

最初にお邪魔したのは住宅街の一角にある、パエリア専門店『グルマンプラス』。お店の看板を見て「バーミキュラで炊き上げたフレンチパエリアなんですね。スペインじゃなくて?」と疑問顔のぐっさん。確かにパエリアといえばスペインの料理ですが…?


お洒落な店内に入り「フレンチパエリアとあるんですけど、パエリア=スペインというイメージがあるのですが」と早速質問。オーナーシェフの伊藤さんによると「パエリアというと普通はパエリア鍋でお米と具材と一緒に炊くんですが、僕はもともとフレンチをやっていたので、フランス料理の技術や知識を活かして、お米と具材を別々に調理するんです」とのこと。フレンチのシェフが独自の発想でアレンジしたパエリア、さっそくいただきます。



パエリアが出来上がる前に運ばれてきたのはおしゃれな木のボードに乗せられたタパス(前菜)。季節によって内容が変わり、この日のラインナップは『春キャベツのスープ』に、『師崎でとれたカツオのマリネ』、『新玉ネギのブランマンジェとオマール海老のジュレ』、『自家製ロースハム』の4種類。




春キャベツのスープをいただいたぐっさん「うわー美味しい!冷製なのでこれからの時季ぴったり!ずっと飲んでいたい」と至福の笑顔!
他にも素材本来の味を生かしたタパスの数々に「あかん!これうまい!満塁満塁!前菜でやられました」と感動したぐっさん。メインのパエリアを食べる前から大興奮です。



そしてお待ちかねのパエリアが登場!ぐっさんが注文したのは『高原コーチンのパエリア』(2700円)。タパス(前菜)にドリンク、デザートがついた贅沢なランチメニューです。


鶏ガラを煮込んでとったブイヨンにお米を投入し、密閉性に優れたバーミキュラの鍋で炊き上げる事で旨みを凝縮!さらに、豊田市のブランド鶏『高原コーチン』をフレンチの調理法を取り入れパリッと焼き上げ。旨みを引き立たせたコーチンとお米をお鍋の中でまとめ上げた珠玉の逸品です。


熱々を頬張るぐっさん、まずは「おいしい…」としみじみ。「鶏おいしいですね!名古屋コーチン独特の弾力と胸肉が柔らかい。なによりこのお米!これ美味いですね!一日3食出てきても飽きないですよ」と絶賛!店主が探求したフレンチパエリアの美味しさに、新たな味覚の扉を開いたぐっさんでした。


こだわりのノートが作れる!オリジナルノート専門店『NO DETAIL IS SMALL』

続いてやってきたのは古い町並みが残る四間道にあるノートの専門店『NO DETAIL IS SMALL(ノー ディテイル イズ スモール)』。外観から「建物がかっこいい!センスがいいなー」と感心するぐっさん。


実はこのお店のオーナーの矢田さんは建築デザイナー。以前にぐっさんが万年筆を購入した岡崎の文房具店を設計したのをきっかけに、こだわりの筆記具に見合うノートの専門店を作りたいとお店をオープン。見た目はもちろん使いやすさも抜群のオリジナルノートが揃います。



表紙は帆布やレザー、デニムなど種類も豊富で、リングの色などパーツも選ぶことができ、自分の好みに合わせて”世界にひとつだけのノート”を作ることができます。



せっかくなので、ぐっさんもオリジナルノートを作ることに!中の用紙は9種類から選べ、紙の材質や使う筆記具によって書き心地が様々!ぐっさんも試し書きをして感触を確かめます。


まずは滑らかな書き味でどんな筆記具とも相性の良い『OKフールスペーパー』を試します。「結構さらさらしているけど、いい感じのひっかかりはありますね。鉛筆とも相性いいですね」。


お次は薄くて軽いにも関わらず丈夫な『トモエリバー』、さらにインクの吸水性が良く強くしなやかな、『竹紙100』で試し書き「ぐっと置けます。(僕は)筆圧が強いのでシャーペンとかバキバキ折れるんですよ。書きやすい、竹にしましょう!」ということで、用紙は決定!


続いてリングノート専用の製本機を使い、紙にリングを通す穴あけから、リング止めまでして完成!ノート専門店ならではの機械を使い、自分でノートを作り上げます。



「アナログな作業いいですね。こうやってできるんですねノート!こういう機械があるんだ。」としみじみ…自らの手で仕上げた自分だけのノートに大満足です。


使うほど味が深まる!アイアン雑貨専門店『スーディアー』

続いてやってきたのは、アイアン雑貨の専門店『スーディアー』。重厚感ある鉄を加工し様々なデザインに変形させたアイアン雑貨は、お部屋をぐっとお洒落に見せるアイテムとして人気。木材や革などとも相性が良く、使えば使うほど味わいが深まります。


店主の小林さんは、元々アジアン雑貨を扱っていましたが、その中で特にアイアン雑貨に魅了され、徐々に取り扱いを増やすうち、今ではアイアン雑貨専門店に。海外からセレクトしたこだわりのアイテムが店内いっぱいに並びます。


ぐっさんも「この椅子いいじゃないですか、革とアイアン!」お気に入りを見つけた様子。「鉄と木の融合ってやっぱりカッコいいね」と興味津々!


味わい深いアイアン雑貨の魅力にすっかりはまったぐっさん。大好きな専門店めぐりで、また新たな発見ができました。


『ぐっさん家』

出演:山口智充
東海テレビ 毎週土曜夕方6時30分放送
【番組HP】 ぐっさん家

※記事の内容は放送当時のものです

ぐっさん家

“ぐっさん”こと山口智充さんの名古屋暮らしや自由な一人旅を通して、 素のぐっさんを垣間見る生活バラエティ  Locipoでは、最新作がご覧いただけます。

動画を見る!